20代から不動産投資すべき?そのメリットと注意点・失敗例に迫る。

不動産会社

年金問題等がニュースで取り上げられるようになり、将来の為に資産形成を考えている人が増えてきています。

特に20代の若い人たちは、将来年金がもらえなくなるリスクもあります。

不動産投資は、将来に向けた資産形成として有効な手段なのですが、若い人にとってはリスクが大きく、難しいという印象を持つ人も少なくないでしょう。

とすれば、20代から不動産投資を行っている人の成功例失敗例についても知っておきたいですよね。

今回は、20代の人が不動産投資をするメリットや注意点失敗例等について紹介していきます。

この記事の目次

20代が不動産投資をするメリット

20代で不動産投資をするメリット

20代が不動産投資をするメリットとしては、どのようなものが考えられるでしょうか。

それぞれのメリットについて紹介していきます。

長期的な視点で資産形成を行う事ができる

まず、20代という若い段階で不動産投資を始めると、長期的な視点で資産形成を行う事ができるというメリットがあります。

不動産投資はインカムゲインを中心とした資産運用になりますので、運用期間が長ければ長い程、資産形成に寄与する効果が大きくなります。

出口戦略に余裕があるので、不動産ローンの繰り上げ返済等によって早期に元本を回収する事も可能です。

年金代わりの収入を得たいという目的で不動産投資を始める人も多いですが、そのような場合も若い人の方が、退職後までの期間が長いため有利になります。

出口戦略が不動産投資には必須!成功事例からみる注意点とは

不動産の買い増しなど、選択肢が多い

不動産投資は、インカムゲイン、すなわち家賃収入を目的として投資をするケースが一般的です。

上でも見た通り、若い人は単純に平均余命が長いため、運用期間を延ばして収益を得る期間を長くする事ができます。

さらに、不動産投資から得られるインカムゲインが安定した後は、更なる不動産の買い増し等、幅広く投資戦略を考える事ができるようになります。

長期的に投資を行っていった方が選択肢が多く、戦略が練りやすいため、その点でも若い人の方がメリットが大きいという事がいえるでしょう。

融資が受けられやすくなるケースも

一般的に、20代の若い人は収入が少なく、不動産投資ローンの審査が通りにくいと思われています。

しかし、若者支援事業支援を行っているような金融機関では、むしろ融資が受けられやすくなるというケースもあります。

また給与をもらう見込み期間が長いため、返済可能性が高いと考えられることもその一助となります。

融資の面でも、若者だからこそ得られる社会的なメリットを受けられる場合があるのです。

不動産投資はいくらから始められるのか?ローンを賢く使うコツ!

そもそもなぜ20代から不動産投資をするのが有利?

20代の有利な点

繰り返しになりますが、そもそもなぜ20代から不動産投資をするのが有利なのでしょうか。

大切なところですので、上でみたものをまとめてみましょう。

20代が不動産投資をする際、最も大きなメリットなのが期間の利益です。

資産運用をする場合、運用期間が長ければ長い程、大きなリターンを得ることができるようになります。

・不動産ローンの早期返済
ンカムゲインを受け取る期間の長期化
出口戦略の柔軟性

など、不動産投資をする上で期間の利益は非常に大きなものとなります。

その点から、なるべく早期に不動産投資を始めるメリットは大きいといえます。

20代が不動産投資をする際の注意点

20代の注意点

20代が不動産投資をする際、どのような事が注意点としてあげられるでしょうか。

たとえば、20代の人は経験が浅く、不動産投資に必要な基本事項を軽視してしまうケースなどがあります。

他にも、20代の人が気を付けるべき注意点について、しっかりと紹介していきます。

【注意点①】不動産投資に関する勉強や経験が不足している

20代の人は、不動産投資に関する勉強や経験が不足しているケースが多いです。

不動産投資は利回りだけですべてが決まる訳ではなく、事業性があります。

この不動産投資の事業性をきちんと理解していくためには、不動産投資の経験を積んでいくことが重要です。

若い人は「勢い」で様々な意思決定をする事も多いですが、謙虚な姿勢で勉強をしていく事を忘れないようにしましょう。

関連記事>>>不動産投資は勉強しなければハイリスク!具体的な勉強方法5選とは?
関連記事>>>不動産投資の勉強ができるおすすめ漫画9選!
関連記事>>>不動産投資に役立つゲームアプリはこれ!資金不要で勉強できる!
関連記事>>>不動産投資が勉強できる YouTuber12選!動画で分かりやすく学ぼう!

【注意点②】リスクマネジメントができていない

不動産投資を行う上で、リスクマネジメントは非常に重要です。

不動産投資には、様々なリスクがあります。

その不動産投資のリスクについて、きちんと理解した上で対策を練る必要があります。

また、最初から高いリターンを狙って、多額の不動産ローンを組むような人もいますが、高いリターンには高いリスクが付きまといます。

特に、不動産投資ローンを利用する場合は要注意です。

ローンの返済が滞ってしまうと、最悪の場合、物件を手放さなければなりません

20代の人は目安として、まず1000万円以下の物件から始めましょう。

そうして不動産投資に慣れていきながら、しっかりと学んでいく事をおすすめします。

関連記事>>>不動産投資はリスクが高い?低い?リスク回避する為の12の知識
関連記事>>>不動産投資のリスクを種類ごとに徹底解説!

【注意点③】不動産投資の目的が明確ではない

不動産投資を始める20代の人の中には、不動産投資の目的が曖昧になっているような人もいます。

不動産投資を成功させるためには、しっかりとした戦略を立てることが重要となります。

戦略を立てるためには、不動産投資を始める目的を明確にしていく必要があります。

なぜなら、高い利回りを狙う場合と安定した不動産経営を目指す場合では、投資対象として考える不動産のタイプが異なるケースもあるためです。

目的を明確化せずに、「とりあえず」軽い気持ちで不動産投資を始めると、手段を間違えてあっという間に損を膨らませてしまうこともあります。

不動産投資をした20代の失敗例3選

不動産投資の失敗例

それでは、不動産投資の失敗例として、どのようなものが挙げられるでしょうか。

漠然と投資ノウハウや注意点をみていても、どこに気を付けるべきかをすぐ忘れてしまうものです。

実際に20代で不動産投資を始めた人が体験した失敗例を見ることで、投資の怖さと注意点をしっかりと把握しておきましょう。

【失敗例①】想定以上のランニングコストが掛かってしまった

不動産投資を経営していくためには、月々のランニングコストとして、管理費維持費等の経費を考慮していかなければなりません。

そもそも、家賃が丸々オーナーの収入になる事は、基本的にありません。

月々の管理費や税金等に加えて、リフォームやメンテナンスの費用も掛かります。

経費をきちんとシミュレートしておかないと、想定以上のランニングコストが掛かってしまいます。

それが原因で不動産投資を諦めてしまう例もあります。

【失敗例②】空室期間が長く収益が悪化してしまった

不動産物件の年間想定収入は、1年間満室だった場合の収入となります。

そのため、空室期間が出てしまうと、想定以下の収入となってしまうのです。

不動産経営をする上で重要な点として、空室期間を短くして稼働率を上げるという事が挙げられます。

不動産オーナーは、入居率をあげるために、様々な工夫や努力をしています。

物件のバリューアップや適切な管理等を行っていないと、空室期間が長くなってしまい収益の悪化につながります。

【失敗例③】物件のキャッシュフロー創出力が弱く赤字になってしまった

不動産投資では、キャッシュフローという重要な概念があります。

キャッシュフローとは、物件から得られる収入から経費と返済金を引いた手残りの収入を指します。

通常の不動産投資をする場合には、このキャッシュフローを黒字にしていく事が重要となってきます。

キャッシュフローが赤字になってしまうと、持ち出しが増えてしまう事になるからです。

投資した物件のキャッシュフロー創出力が弱いと、すぐに赤字になってしまいます。

赤字にならないためには、物件から得られる収入と経費のバランスを見ていきながら、借入金に頼り過ぎない事が重要です。

不動産投資のキャッシュフロー(CF)はなぜ重要?利回り・計算方法・税金まとめ

失敗例から学ぶ20代からの不動産投資

失敗から学ぶ

20代で不動産投資を始めたいという人は、失敗例からどのような事を学べばいいのでしょうか

不動産投資の失敗例から学ぶ、不動産投資を始める際に気を付けるべき事を紹介していきます。

不動産投資に関する勉強をしっかりと行う

上でも紹介しましたが、20代の人は不動産投資に関する知識や経験が一般的に足りていません。

不動産投資に関する書籍を購入して自分で勉強をすることも大事ですが、不動産投資の勉強会セミナーに参加する事で、経験不足を補う事もできます。

セミナーや勉強会では、不動産業界歴が長い人やベテランの大家さんまで、たくさんの経験豊富な人が参加するものもありますので、知識を共有させてもらいましょう。

不動産投資家や大家さんが集まるコミュニティに参加してみる事も良いかもしれません。

適切なリスクマネジメントを心掛ける

不動産投資を始める大前提として、不動産投資には事業性がありリスクも存在するという事について理解しましょう。

リスクに対して、きちんと対応しておかないと安定した不動産経営はできません。

自分の投資家としての属性リスク許容度を客観的に判断し、適切なリスクマネジメントを心掛ける事が重要です。

物件の収益性やキャッシュフロー創出力を見極める

上の失敗例にもありましたが、不動産投資で失敗してしまう典型的なパターンは、キャッシュフローが赤字になり、持ち出しが続いた結果、物件を手放さなければならなくなるというケースです。

通常の不動産投資をする場合には、キャッシュフローが赤字になってしまうと、継続する事が厳しくなります。

最悪の場合、自己破産という事もあり得ます。

投資物件を探す際には、収益性キャッシュフロー創出力を見極める事を重視しましょう。

20代で成功している不動産投資のブログ4選

失敗しないためのブログ

20代の人が不動産投資で失敗してしまう例を紹介してしました。

これをみて、「やはり不動産投資は止めておいた方が良いのでは・・・」と考えてしまっている人もいるかもしれません。

しかし、ご安心ください。

上で書いたように、しっかりと不動産投資について勉強すれば大丈夫です。

不動産投資は、失敗談から学ぶことも大事ですが、成功者から学ぶ事も重要なのです。

なぜなら、不動産投資で成功している人は、不動産投資を成功させるために様々な工夫や努力をしている人が多いからです。

また、20代から不動産投資を始めて成功している人の中には、ブログ等で情報を共有されている人もたくさんいます。

以下に、20代から不動産投資を始めて成功を収めている不動産投資家のブログを紹介していきます。

ぜひ読んでみてくださいね。

20代で高利回り不動産投資に出会い→会社員脱却→大学生になったマイルドな不動産投資家のブログ

こちらのブログは、26歳で不動産投資を始めて、わずか3年で脱サラし専業投資家になった方のブログです。

不動産投資で成功するためのノウハウ・注意点を丁寧に分かりやすく解説している記事が多いです。

記事の中身も非常に濃い内容となっていますので、参考になるでしょう。

本格的にセミリタイアを考えている人は一読しておきましょう。

20代でマンション5戸買っちゃいました

20代で5戸の区分マンションに投資をしている、ふじふじさんのブログです。

ふじふじさんは、北海道出身の建設会社で働いているサラリーマンで、1級建築士の資格も保有しています。

マンションのニュースに関する記事や、不動産投資経営の経験談等を分かりやすくまとめています。

ワンルームマンション等の区分マンションへの投資を考えている人におすすめです。

人気の戸建賃貸投資であなたも不動産投資家になりませんか?

20歳で不動産の賃貸営業のサラリーマンをしていた宮本さんのブログです。

現在は、マンション3棟と戸建・テラス15戸を所有しており、毎月約230万円の家賃収入を得ています。

宮本さんは、戸建賃貸仕事人として戸建投資のバリューアップノウハウに関する知見を積極的に発信しています。

戸建投資は、中上級者向けの不動産投資となりますが、上手くいけば利回りが高く、早期に元本が回収できるという事でも知られています。

不動産投資の中でも、特に戸建投資に興味があるという人は覗いてみてみましょう。

20代OL大家 奈湖ともこのブログ

大学在学中の22歳の時にアパートを購入し、現在8戸の物件を所有している奈湖ともこさんのブログです。

奈湖さんは、「元ギャル女子高生、資産7000万円のOL大家さんになる!」という著書も出版しており、精力的に不動産投資の魅力を伝えています。

女性投資家ならではの目線で発信しており、女性の人にもおすすめのブログです。

もっと詳しく不動産投資のブログについて知りたい人は下記の記事もご覧ください。

不動産投資ブログのおすすめ14選!成功者に学べ!

20代の不動産投資のまとめ

不動産投資まとめ

以上、今回は20代から不動産投資をすることのメリット注意点等について解説していきました。

20代からの不動産投資では、若い時期だからこそ得られるメリットと、20代が陥りやすい失敗例や注意点があります。

若さゆえのメリットや恩恵を最大限受けながらも、失敗しないためには謙虚な気持ちで学んでいく姿勢が大切です。

また、不動産投資の場合は、失敗例だけではなく成功者から学ぶ事も有効な手段です。

上で紹介したブログも参考にしつつ、早期資産形成を目指してみてくださいね。

不動産会社

この記事が為になったら知人に教えよう!