不動産投資で大損を避けるための知恵5選!

大損

不動産投資に成功すれば、毎月安定した収入を確保できるため、積極的に投資をしている人も多いです。

しかし不動産投資に失敗してしまった場合、多額の借金を背負うリスクもあります。

残念ながら不動産投資で失敗し、多額の借金を背負ってしまった人も多くいます。

そこでどのような不動産投資で失敗してしまったのか、有名な人の実例を紹介していきます。

また不動産投資をする際、大損しない為にはどのようにすればいいのかまとめてみました。

不動産投資で大損した人達の実例

失敗人の例

不動産投資に成功している有名人がたくさんいる中、失敗することで多額の借金を背負った有名人もいます。

投資を検討している人にとって、どのような理由で不動産投資に失敗しているのか知っておけば、少しでもリスクを減らすことが可能です。

俳優として活躍している阿部寛氏は3億の借金を

数多くのドラマに主役として出演しており、俳優としての実績を積み重ねているのが阿部寛氏です。

高身長に加えて、男らしい顔立ちをしているため、若い女性から高い人気を獲得しています。

そんな阿部寛氏なのですがバブルの時、知人の紹介で不動産を購入した経歴があります。

しかしバブルが終了することで、購入した不動産の価格が一気に下落してしまい、最終的には3億という借金が残ってしまいました。

その借金を返済するため、モデルだけではなく、俳優としての仕事にもチャレンジしており、2007年に借金返済を完了できました。

父親の不動産投資失敗で発生した借金を相続した市川海老蔵氏

市川海老蔵氏は若手歌舞伎スターとして、多くの女性から支持されており、人気を獲得している有名人です。

この不動産投資の失敗実例は、市川海老蔵氏が直接不動産投資に失敗した訳ではなく、自ら借金が生み出した訳ではありません。

ただ市川海老蔵氏の父親である市川團十郎氏が不動産投資に失敗して、約19億円ほどの借金が発生してしまいました。

また市川海老蔵氏は、連帯保証人になっており、約19億円ほどの借金を背負うことになりました。

約19億円の借金は、松竹芸能が肩代わりすることによって自宅やその他の不動産全てを含めて松竹芸能が所有していることになっています。

少しでも借金を返済できるように市川海老蔵氏は、一生懸命仕事をしている状態です。

3000億まで借金が膨らんでしまった千昌夫氏

有名な演歌歌手として多くのヒット作を生み出した千昌夫氏は、不動産投資も積極的に実施していた人物です。

バブルが崩壊する前までは順調に不動産投資を実施できていたのですが、バブル崩壊後、一気に不動産価格が下落してしまい、多額の借金を背負うことになりました。

不動産投資会社も設立していたのですが、バブル崩壊によって会社も倒産してしまいました。

その時に発生した借金が約3000億になっており、今でも有名人の中では圧倒的な負債額になっています。

この約3000億の借金は、公的資金を使用するだけではなく、民事再生法を実施することで何とか1億5000万までに借金を減らしています。

そこから地道に仕事してお金を稼ぐことで、借金完済することに成功しています。

実例から見る不動産投資家が大損した理由

失敗の理由

不動産投資で大損した理由はいくつか考えられます。

知人や友人の紹介だったり、時代の流れに合わせて安易に不動産投資をすることで大損する可能性が高まります。

その他にも連帯保証人になってしまうと大損する可能性があるので、注意しなくてはいけません。

不動産投資をするに当たって大損しない為にはどうする?

大損しないために

不動産投資をする際、少しでも大損しないようにするにはしっかりと対策を行わなくてはいけません。

対策により大損の可能性を下げることができ、納得できる不動産投資を実現できるようになります。

知人や友人の紹介ですぐに不動産投資を行わないこと

知人や友人の紹介によって、不動産投資に興味を持つ人はたくさんいます。

ただ不動産投資は他の投資とは異なり、基本的に多くのお金が必要になります。

成功すれば多額のお金を獲得できるのですが、失敗してしまった場合は多額のお金を失ってしまうので注意しなくてはいけません。

知人や友人の紹介だからといって、安易に不動産投資に手を出すのはやめましょう。

確かに、不動産投資に対して豊富な知識や情報を身に付けている知人や友人の場合なら、少なからず成功する可能性があります。

しかし知識がないにも関わらず、不動産投資を勧めてきた場合はかなり危険です。

そもそも知人や友人だからといって、魅力的な不動産を簡単に紹介することはほとんどありません。

本当に魅力的な物件であれば、自分で投資をするためです。

まずは本当に信頼できる知人や友人なのか、自ら判断することがポイントです。

そして満足できる不動産投資を行えるのか冷静に見極めることが求められてきます。

実際に土地や不動産を確認して判断

少しでも大損する可能性を減らすためには、不動産投資を検討している不動産をしっかりと確認することが必要です。

どのような土地になっており、魅力的な状態なのかをしっかり確認することが大切です。

人によっては資料請求で済ませてしまう場合もあるのですが、実際に確認した方がどのような不動産なのか判断しやすいです。

その上で自分が魅力的な不動産だと感じた時は、投資をすることに問題はありません。

しかし、細かく確認していないにも関わらず、適当に不動産投資してしまうと大損するリスクは高まります。

面倒かもしれないですが、不動産投資に成功している人は、土地や不動産を細かくチェックしており、失敗する可能性を見極めています。

また、不動産をチェックする時、現状の価格に注目するだけではなく、将来どのようなイベントを控えているのか地域単位で知ることも重要です。

不動産投資に関するセミナーに積極参加

不動産投資を検討している多くの方が、貴重な情報を獲得すべく関連セミナーに参加しています。

全く不動産投資に詳しくない人も、このようなセミナーに参加すれば、少しずつ不動産投資に関する知識と情報を身に付けられます。

セミナーによっては、成功や失敗などの話も聞けるので自分が不動産投資をする時に活かせます。

このような貴重な話を不動産投資のセミナーで聞けば、大損の可能性を下げることが可能です。

またセミナーだけではなく、不動産投資に関する教材や本を熟読することもポイントです。

貴重な情報が色々と記載されていますので、ご自分の投資に活かしていきましょう。

優秀な不動産投資会社と管理会社を選ぶこと

不動産投資で安定した利益を生み出すには、優秀な不動産投資会社管理会社を選択しなくてはいけません。

優秀な不動産投資会社は、魅力的な不動産を紹介してくれるので、大損する確率を下げられます。

しっかりとサポートしてくれる不動産投資会社は、投資する前だけではなく投資後も支えてくれるので心強い存在です。

少しでも安定した利益を発生できるように最善を尽くしてくれるので、できる限り優秀な不動産投資会社を選ぶことがポイントです。

また高い評価を獲得している管理会社を選べば、入居者トラブルを避けられるのでこれも重要な部分です。

入居者トラブルは、家賃滞納におる大損へ発展する可能性もあります。

優秀な管理会社はそのようなトラブルが起こらないようにしっかりと対策をしてくれるので、満足できる不動産投資を行いやすくなります。

素早く損切りを行う勇気も時には大切

投資を実施した不動産に対し、家賃収入が期待できないと感じたら勇気を出して損切りすること重要です。

ずるずると不動産投資を続けることで、いつの間にか不動産価格が大きく下落してしまい、多額の借金が発生する可能性もあります。

しかし損切りをしてしまえば、損失を最小限に抑えられるので多額の借金を発生させないで済みます。

損切りはかなり勇気が必要ですので、自ら判断できない時は不動産投資に詳しい人に相談することが必要です。

また不動産投資会社に相談すればアドバイスを貰えるので、損切りの適切なタイミングを判断しやすくなります。

まとめ

不動産投資で大損する人物も多く、投資は慎重に行うことが必要です。

少しでも失敗を避けるには、自ら魅力的な不動産なのか判断したり、優秀な不動産投資会社を選択することがコツです。

また何も考えずに他人の連帯保証人になってしまうと不動産投資による借金を抱えてしまう場合もあります。

他の投資とは扱う金額が全く異なりますので、不動産投資を検討している人は時間をかけて慎重に検討をしましょう。

大損

この記事が為になったら知人に教えよう!