不動産投資の営業がうざい?そんなときの対処法!

勧誘は怪しい

不動産投資をすることによって、安定した利益を確保でき、生活や今後の人生に良い影響を与えられる可能性が出てきます。

しかし不動産投資は高額な金額の投資なため、慎重に実施しなくてはいけません。

少しでも失敗しないように不動産投資を実施するには、優良な業者の不動産に対して投資を行うことが求められてきます。

しかし不動産投資業者によっては、しつこく電話勧誘をしてくる場合も。

そのため、

「不動産投資の電話勧誘がうざい!」

そんな声も多く聞かれます。

そこで今回は、

何故不動産投資業者がしつこく電話勧誘をするのか
・その断り方

なども色々とまとめてみました。

不動産投資業者がしつこく電話勧誘してくるのはなぜ?

不動産投資の営業電話

基本的に優良な不動産投資業者は、しつこい電話勧誘をしない場合がほとんどです。

過度な電話勧誘は会社の評価を下げると知っていますし、無理に勧めなくとも良い物件を扱っていれば自然と買い手がつくためです。

ただし悪質な不動産投資業者は、様々な理由によってしつこい電話勧誘を実施してくる可能性が高いです。

現在しつこい電話勧誘に悩まされている人は、様々な要因が重なっている恐れがあるので注意しなくてはいけません。

一般的な営業よりも効率よく営業を実施できる

一般的な営業の場合、直接訪問するケースがほとんどです。

成功すれば契約してもらえるので、それだけ利益が増えます。

しかし失敗した時は、再び違う人のところに訪問しないといけないので、面倒な手間が発生してしまいます。

しかし電話勧誘の場合、電話で断られた場合でも速やかに別の電話番号に電話すればいいので、面倒な手間が発生しません。

これによって不動産投資業者は、効率よく勧誘を実施することができ、安定した利益を生み出せるようになります。

簡単に実施できる電話勧誘を選択するケースが多く、それによって悩まされている人がたくさんいます。

コストにも優れているのが電話勧誘

DMや直接訪問の場合はコストが高額になってしまうことも少なくありません。

しかし電話勧誘ならば、電話を所持することで簡単に実施できるためコスト削減を期待できます。

複数台所持した場合でも数万単位のお金で済ませられるので、経済的な余裕がない不動産投資業者でも簡単に勧誘を行うことができます。

また予めマニュアルなどを準備しておけば、それに沿って話をすればいいので簡単です。

営業経験や不動産投資の知識に長けていないスタッフでも簡単に勧誘を行うことができるので、電話勧誘を実施する不動産投資業者が後を絶たないのです。

大切な個人情報を漏えいしている場合も

様々な不動産投資業者からしつこい電話勧誘で悩まされている人は、高確率で大切な個人情報が流出しています。

現在個人情報は様々な方法で入手することができ、悪質な不動産投資業者に悪用されている状況です。

わざと流出させる業者もあるので、その情報を入手した不動産投資業者がしつこく電話勧誘をしてくるケースも多いです。

不動産投資業者からすれば、個人情報を買った方が効率よく電話勧誘を行えるようになります。

そして契約してもらえば安定した利益を生み出せるので、積極的に個人情報を購入している不動産投資業者が多いのが実情です。

対面していないので不動産投資業者も強気に勧誘できる

多くの不動産投資業者が電話勧誘している理由として、対面していないので強気に勧誘できる点があります。

一般的な営業や勧誘の場合、直接その人と話をするので、営業マンは顔色をチェックしなくてはいけません。

一方的に強気な営業をすると激昂され、トラブルになることもあるためです。

そのように気を遣っていては、営業成績にも限界が出てきてしまいます。

しかし電話勧誘は対面していないので、相手の顔色などを窺う必要はありません。

もし契約する可能性が低いと感じた時は、そのまま電話を切ってしまうことも可能でしょう。

強く勧誘を行えば、それだけ契約への効果も出ますので、電話勧誘を選ぶ業者が増加しているのです。

うざいと思ったら!不動産投資勧誘への断り方は?

営業電話の断り方

うざいと感じた時、きちんと対処することで、今後不動産投資の電話勧誘に悩まされないで済むようになります。

現在電話勧誘に悩まされている人は、すでに深刻な状況にまで発展している可能性があります。

速やかに対処してみてくださいね。

不動産投資に興味がないことを伝える

不動産投資に関する電話勧誘に悩まされている人は、まず不動産投資に興味がないことをきちんと伝えなくてはいけません。

曖昧な返答をしてしまうと、不動産投資業者にとって契約の可能性があるという印象を与えてしまうので注意です。

電話勧誘がエスカレートしてしまう危険性があるので、このような状況だけは何としても回避しましょう。

明確に興味がないことを伝えれば、電話勧誘しても時間の無駄になる可能性が高いため、しつこい電話勧誘が止むケースが多いです。

強い態度で断ることが重要

しつこい電話勧誘に悩まされている場合、断り方が優しすぎる場合があります。

電話越しで話をしているだけなので、不動産投資業者からすると態度が分かりません。

そこで強い態度でしっかりと断ることがポイントです。

二度と電話しないでほしいことを伝えることで、不動産投資業者のしつこい電話勧誘を避けられるようになります。

それでもしつこく電話してくる場合は、警察もしくは法律事務所に相談することで速やかに問題を解決できます。

脅迫的な電話勧誘は法律違反になる可能性が高い

不動産投資業者によっては、脅迫的な電話勧誘をしてくる場合があります。

人によっては恐怖心を感じてしまい、それによって強引に不動産投資契約を結んでしまう恐れもあります。

もし脅迫的な電話勧誘を受けた場合、法律違反になることを指摘すれば、少しでもしつこい電話勧誘から解放されるかもしれません。

悪質な不動産投資業者は、利益を最優先に考えているので、グレーゾーンの営業をすることも少なくありません。

とはいえ、さすがに法律違反をしてまで利益を生み出そうと考えていないので、明確に伝えることはかなり効果的な方法となります。

着信拒否に登録することでしつこい電話勧誘を排除

人によっては不動産投資業者のスタッフと話もせずに、電話勧誘を断りたいと考えている人もいます。

特に女性は、脅迫的もしくは威圧的に話をされる可能性もあるので、くれぐれも注意しなくてはいけません。

そこで有効策の一つになっているのが不動産投資業者の電話番号を着信拒否リストに登録して、電話がそもそも繋がらないようにすることです。

着信拒否は簡単に実施することができ、ちゃんと設定できれば、すぐに効果を発揮します。

これまで悪質な電話勧誘に悩まされていた人は、着信拒否をすればその日から悩まされないで済むようになりますよ。

ただ悪質な不動産投資業者の場合、違う電話番号で新たに電話勧誘をしてくる場合もあります。

その時は新しい電話番号を着信拒否リストに追加することでしつこい電話勧誘を一時防ぐことができます。

その他にも、特定の電話番号以外着信できないようにすることで、今後しつこい電話などに悩まされないで済むます。

お金がないことを伝える

不動産投資は基本的に高額なお金が必要になるので、誰でも簡単に実施できる投資ではありません。

数百万から一千万以上のお金が必要になることも多く、営業もそのような余裕のある人にする必要があります。

そこで、しつこい不動産投資の電話勧誘に悩まされている人は、お金がないことを伝えることが大切です。

お金がなければ、大掛かりな不動産投資はできません。

お金を持っていない人物に対し、不動産投資業者はあまり興味を持たないので、かなり効果的な方法になります。

本当にお金を持っていないのかしつこく質問してくる不動産投資業者もいるのですがお金がないことを繰り返し伝えれば、全然問題はありません。

これによってこれまで発生していた電話勧誘を一気に撃退できる可能性があります。

不動産投資業者の電話勧誘だと気付いた時に素早く電話を切る

電話勧誘に慣れている不動産投資業者の場合、最初電話勧誘だと分からないように電話してくる場合があります。

話を聞いていくと徐々に不動産投資に関する話と分かり、電話を切るタイミングが分からなくなることも少なくありません。

それによって長々と不動産投資に関する話を聞かなくてはいけない場合もあるので、注意しなければなりません。

もし途中で不動産投資に関する話だと分かった時は、すぐに電話を切っても問題はありません

不動産投資の話にうんざりしている人にとっては、そのまま話を聞いてしまうと時間が無駄になるだけではなく、精神的な苦痛も生じます。

心身に悪い影響を及ぼしてしまうので、すぐに電話を切って苦痛の時間から解放されましょう。

電話はいつ切っても問題ないですから、不動産投資の電話勧誘だと分かった時は素早く電話を切るのも一つの方法です。

自分でどうすることもできない時は警察や弁護士に相談

自分ではどうしても対応することができないという人は、警察もしくは弁護士などに相談することも大切です。

特に弁護士は、しつこい電話勧誘に対してアドバイスや助言をしてくれるので、心強い存在です。

相談することによって各々に適した電話勧誘撃退方法を教えてくれるので、悩まされている人も一気に解消できる可能性が高まります。

弁護士は法律に長けているので、現在悩まされている電話勧誘が法律に違反しているのかも調べてくれます。

法律違反している場合は、そのまま弁護士に依頼すれば速やかに電話勧誘をストップしてもらえますよ。

その他にも消費者センターに相談するのも一つの方法で、対応してくれたスタッフが色々とアドバイスしてくれます。

一人で悩んでも解決できない人は、このように警察や弁護士に頼ってみて下さいね。

まとめ

あくどい不動産投資業者は自分たちの利益を最優先に考えているため、しつこい電話勧誘を繰り返すことがあります。

それをうざいと感じる人も多く、問題になっています。

不動産投資業者のしつこい電話勧誘に悩まされている人は、きちんとお断りすることが重要です。

その他にも警察や弁護士などに相談するのも選択肢の一つなので、自分に適している方法を実施し、速やかにストレスのもとを解消しましょう。

勧誘は怪しい

この記事が為になったら知人に教えよう!